シミができる原因

シミができる大きな原因となるのが「紫外線」です。

 

私たちは日常的に、紫外線を浴びています。

 

 

紫外線を浴び続けた結果、肌はダメージを受けて、皮膚細胞のターンオーバーサイクル(再生能力)が低下し、メラニン色素を外に排出する力が弱くなります。

 

そうするとシミの原因となるメラニン色素は肌に残り、シミやくすみができやすくなるのです。

 

肌トラブルの約80%は紫外線が原因といわれるほどなんですよ。

 

また、シミができる原因には紫外線のほかにも、女性ホルモンの変化、活性酸素などもあります。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると黒色メラニン色素の生成が高まり、シミが増えてしまうでしょう。

 

活性酸素は体内に入った酸素の一部が他の物質と反応しやすい状態に変化したもの。

 

体内に発生した活性酸素はメラノサイトを刺激し、メラニン色素の生成を促してしまいます。

 

シミの種類

・老人性色素班
比較的丸くてくっきりとしたシミ。

 

紫外線を浴び続けてできる光老化のシミで、年齢を重ねるほど色が濃くなったり、大きくなったりします。

 

・肝斑

頬の高い位置に左右対称で現れることが多い網状のシミ。

 

色素異常症の1つであり、老人性色素班と区別がつきにくい場合も。

 

30代後半からできることが多く、紫外線のほか、ホルモンバランスの乱れ、摩擦、ストレスなどでも悪化しやすいです。

 

・そばかす

そばかすもシミの一種です。

 

鼻の周りを中心に左右対称に両頬に小さい斑点が多数現れます。

 

遺伝的な要因で発生するシミと言われており、色が白い人は子供の頃から出現します。

 

・後天性真皮メラノサイトーシス

両頬に対称性に2~5㎜のくすんだ茶色の斑点が増えるシミです。

 

真皮にメラニンを作るメラノサイトと呼ばれる細胞が増える疾患。

 

・炎症後色素沈着

ニキビ、吹き出物、虫刺されなど皮膚に炎症を起こした後に、その部位が色素沈着の黒ずみを起こしてしまうシミのこと。

 

シミ取りレーザーの種類と違い

・Qスイッチヤグレーザー

部分的なシミやそばかす、アザなどの色素性病変の治療に適したレーザーで532nmと1064nmの2つの波長の光を出すことができます。

 

シミやアザの色素以外の皮膚をほとんど傷つけることなく治療が可能です。

 

様々な色素沈着に対応可能な万能レーザー治療といえるでしょう。

 

・ピコレーザー

ピコレーザーは1兆分の1秒の「ピコ秒」でパルス幅の弱い出力のレーザーを照射。

 

シミやタトゥー、ニキビ肌の治療にも利用されており、ピンポイントでレーザー照射を行い、熱ではなく光でメラニン色素を分解していきます。

 

短時間で効果的にメラニンをなくすことができ、施術後の傷跡も残りにくいです。

 

・炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは盛り上がりのあるシミ、ほくろ、いぼの除去などに有効なレーザーです。

 

深部組織や周辺の正常な皮膚組織にはダメージを与えないため、メスで切除した場合より傷跡が残りにくく、治りも比較的早いです。

 

シミ取りレーザーの流れ

シミ取りレーザー治療はカウンセリング、診察からスタートします。

 

患者さんによってシミの症状やタイプが異なるので、シミにあった治療を選択する必要があります。

 

カウンセリング、診察時に肌質やシミの状態をチェックし、最適な治療を提案。

 

基本的にはカウンセリングは無料で行ってくれるクリニックが多いので、不安な点があれば何でも相談しておくとよいでしょう。

 

施術時には、目を保護するゴーグルをかけ、レーザー治療を行っていきます。

 

レーザー照射は1つのシミに対して10秒間ほど。

 

輪ゴムをパチパチとはじかれているような感じなので痛みは強くありません。

 

レーザー照射後は患部を冷やし、保護テープを貼付します。

 

保護テープをしておけば、通常通りのメイクができるので日常生活にも支障はありませんよ。

 

シミ取りレーザーの評判が良いところ

品川美容外科

https://www.shinagawa.com/

マシンによる治療、ピーリング治療など最適なシミ治療法を選択できる
レーザートーニング&フォトシルクプラスなど人気メニューが豊富
治療の難しい肝斑に対応できる機器や薄いシミにも対応できる機器も揃う

品川美容外科は全国に38院を開院する大手美容クリニックです。

 

32年の豊富な実績があり、シミのレーザー治療の症例数も豊富です。

 

品川美容外科ではシミ、くすみ改善のために「フォトシルクプラス」などいくつかの施術メニュー用意。

 

フォトシルクプラスはイタリア製の最新式美白治療器で、シミ、くすみ、そばかす、色素沈着に効果的です。

 

従来のマシンでは治療が難しかった薄いシミに対しても効果を発揮してくれます。

 

またニキビ跡などの赤身、毛穴の開き、産毛などにも作用するため、トータルでの美白ケアに最適ですよ。

 

また通常のヤグレーザーなどのレーザー治療も行っています。

 

湘南美容外科

https://www.s-b-c.net/

それぞれシミの種類や症状に合わせた最適なレーザー治療を提案してくれる
大きさで決まるシミ取りレーザー価格はリーズナブルで良心的
シミ取りレーザー治療症例数は10万件と豊富な実績あり

湘南美容外科は1年間の来院数23万人、紹介リピーター率90%、クリニック数日本・海外96拠点展開の大手美容クリニックの1つです。

 

高品質医療を低価格で提供することをモットーにしており、支払方法は最大84回の分割払いもできるので、利用しやすいですね。

 

湘南美容外科のシミ取りレーザーは10㎜以下1ヶ所で8100円、肝斑治療のレーザートーニングは全顔で初回8750円とリーズナブルな価格設定が魅力です。

 

シミ取りレーザー、レーザートーニングの症例実績は10万件を突破しており、安心と信頼があります。

 

シミにあった最適な治療法を選択できるので効果も実感しやすいですよ。

 

品川スキンクリニック

https://shinagawa-skin.com/

目立つシミを効果的に改善できる様々な専用レーザー機器を用意
シミ以外にも肝斑治療もできる&シミ予防にも対応
カウンセリング時間をしっかり確保&カウンセリング無料

品川スキンクリニックでは患者さん1人1人の悩みにしっかりと向き合うため、完全予約制でカウンセリング・診察の時間を確保してくれます。

 

品川スキンクリニックのシミ治療はできてしまったシミだけではなく、シミを予防したい方の相談にも対応可能。

 

何度でもカウンセリング無料となっているので、納得いくまでカウンセリングを受けられますよ。

 

シミ治療に関してはレーザー治療や光治療を行っており、Qスイッチヤグレーザー、メドライトC6、ヘラXPなど様々な専用レーザー機器を揃えているので設備も充実しています。

 

皮膚周辺組織へのダメージは少ない肌に優しい治療なので安心ですし、効率よくシミを薄くすることができますよ。

 

シミ取りレーザーの施術時間はどれくらい?

シミ1つに対してのレーザー照射時間は10秒~数10秒程度になります。

 

シミの数や施術する範囲によって施術時間は異なりますが、約5分~30分程度となるので時間もかかりません。

 

仕事帰りなどでも通院しやすいですね。

 

またシミ取りレーザー治療に関しては1回でシミが薄くなったと効果を感じる人もいれば、数回程度かかる人もいるので個人差があります。

 

基本的には数回のレーザー照射をするのが一般的でしょう。

 

シミ取りレーザーの痛みはどれくらい?

シミ取りレーザーでの照射時の痛みは太い輪ゴムにパチパチとはじかれる程度の痛みです。

 

レーザー照射の痛みは、使用するレーザーの種類やシミの状態によっても異なり、個人差もあります。

 

麻酔成分が配合されたクリームやテープを使用することもできるので、痛みが気になる人は事前にカウンセリング時に相談しておくと安心でしょう。

 

シミ取りレーザーの危険性や副作用はある?

シミ取りレーザー治療は危険性は低く、安全な治療法です。

 

副作用といえば、レーザー照射後1週間でピンク色の綺麗な皮膚になった後、しばらくすると皮膚がまた徐々に黒くなる場合があることでしょう。

 

これは炎症後色素沈着と呼ばれる副作用になります。

 

ただ時間が経過すれば徐々に薄くなるので問題なし。

 

シミが取り切れなかったというわけではないので安心してくださいね。

TOPへ